ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、AGA治療薬の1つです。
日本で代表的なミノキシジルが含まれた製品はミノキシジルです。
ミノキシジルはもともと高血圧患者向けの治療薬として開発された薬です。
なので、血管を拡張し血行促進させて脱毛を阻止し毛を生やすという効果があります。
治療薬には、飲むタイプのミノキシジルタブレットやプロぺシアが含まれているフィナステリドと呼ばれる内服薬と塗るタイプのミノキシジルリキッドやミノキシジルゲルと呼ばれる外用薬の2種類あります。
内服薬の場合、1日1回または2回食後に飲みます。外用薬とは違い効果が全身に出るため体毛が濃くなったり増えたりします。外用薬よりは効果が見られます。血圧薬との併用は避けてください。アルコールも血圧を下げる作用があるので飲酒前後服用はできるだけ避けてください。
外用薬の場合、1日1mgを2回に分けて塗ります。他の育毛剤との併用も可能です。塗ったところのみに効果が出ます。再度塗布する場合は8~12時間の間隔をあけてください。朝と夜に塗布するのが理想的です。塗る回数を増やしたり量を増やしても効果が変わらないので注意が必要です。
副作用としては低血圧やニキビ、肌荒れ、むくみ、嘔吐などがあります。
低血圧症の場合めまいがおこる場合もあります。
内服薬で一番多い副作用としては、多毛症です。
外用薬で一番多い副作用としては、頭皮のかゆみです。
その延長線上で頭皮の炎症や湿疹も起こる合があります。
万が一、悪化する場合は適切な医療機関での受診をおすすめします。
内臓に疾患がある方や未成年、妊婦または授乳中の方は服用を避けてください。
効果は早ければ2ヶ月で感じられるようになります。
プロぺシアの併用によって抜け毛予防と発毛促進効果も大きくなります。
AGA治療はメソセラピーやHARG療法、自毛植毛などの施術もありますが、リアップなどの治療薬がドラッグストアや通販などで簡単に購入でき手軽に使えるのでおすすめです。
ミノキシジルはAGA治療に有効な成分です。